About Me

夏はジェラート、秋冬はチョコレートが主食。近年かき氷と鯛焼きに覚醒。乳製品/卵はOKのラクト・オボ・ベジタリアン。下戸。基本ネコには好かれる。SFと時代小説を読み、プログレを聴く。

1961年生まれの神谷隆は新しもの好きです。まだ新しいがゆえに世に知られていないものを知らせるのが好きです。これを使えばこんなに変わるよ!と。1988年にMacを自腹で買い、PageMakerとIllustratorでDTPを始めました。その後Directorでマルチメディアタイトルを作り、SuperMac VideoSpigotでデジタルビデオ編集を始めました。1990年代中頃からWebサイト構築を始め、2000年初頭からはWebサイトのアクセシビリティやユーザビリティにまで仕事の領域を広げています。
ここ数年は、しばらく離れていた制作(プロダクション)の仕事をメインにしていますが、自分の力が一番発揮できるのはその前段階の「プリプロダクション」であろうと確信しています。

Contact Details

神谷 隆 (Takashi Kamiya)
東京都三鷹市
もしくは 福島県郡山市に在住

tkamiya@gmail.com

教育

機械工学を学ぶ

日本海側の雪深い国立大学 1980年代初め

高校までを福島県郡山市で過ごし、隣県の国立大学工学部機械科に進学。時代は「メカトロニクス」に向かっていました。夏休みに会津オリンパスで内視鏡を製造するラインの工員としてアルバイトを経験。もしかするとみなさんは私が30年前に先端部を削った胃カメラを飲んだことがあるかもしれません。学業半ばで大学を中退し、東京へ出ます。

仕事

アナログビデオ時代

富ケ谷 1980年代

東京に出てすぐに『月光仮面』や『怪傑ハリマオ』、『シルバー仮面』等の監督である田村正蔵に従事。当時急激に市場が拡大しつつあった民生用ビデオ作品の製造をメインに、映像編集の基礎を学びました。ほぼ一日中オープンリール型1インチVTR「SONY BVH-2000」と向かい合う毎日でしたが、簡易編集にはUマチック(3/4インチ)もよく使いました。
1987年にMacintosh Plusに出会い、瞬時に魅入られ、翌年自費で80万円のMacintosh SEを購入。会社の業務にMacを導入できないかトライするも当時の状況では時期尚早と判断し退社。知人と制作会社を始めました。

デスクトップパブリッシング時代

恵比寿/千駄ヶ谷/江戸川橋 1989-1992

時代はAldus PageMakeとAdobe Illustratorを使った「DTP黎明期」でした。初めは文字のみを写植の代わりに印画紙出力してレイアウト台紙に貼り付けていた擬似DTPも、イメージセッターやスキャナの高性能化とQuarkXPressの登場でカラー分版が可能になり、雑誌広告やポスター作成などでDTPを実践しました。
またこの時期、加賀電子が江戸川橋にオープンしたMacintoshのショールーム「アップルセンター江戸川橋」の立ち上げに参画し、一年間サポートスタッフとして印刷業界のお客さまのお手伝いとDTPの啓蒙に努めました。
紙媒体の仕事ではMacintoshを使っていましたが、Amiga 2000とVideo Toasterでもよく遊んでいました。VideoToasterの持つ「映像の力」は圧倒的で、Macの遥か先を行ってました。

マルチメディア時代

水道橋 1992-1993

アップル社からQuickTime 1.0が出た時に、これからはコンピュータを使った映像表現が主流になると考え、インタラクティブなマルチメディアタイトル作りを始めました。レーザーディスクやHi-8ビデオをHyperCardからコントロールするコンペ用プレゼンシステムを大林組と作ったのもこの頃です。

デジタルビデオからウェブ構築へ

本郷 1994-1995

DTP時代のクライアントが日本初のMac用JPEG圧縮伸長ビデオ編集カード「DeskStudio」を開発し、サポートを担当することになりました。デジタルビデオの世界は進化のスピードが速く、エキサイティングな毎日でした。
そんな中、東大生のアルバイトが入ってきました。堀江貴文君です。さん付けはどうも気持ちが悪いので、失礼ながら君で呼ばせてもらいます。DeskStudioのサポートは落ち着いてきたので、堀江君たちと机を並べてウェブサイト構築の請負仕事を始めました。デザイナーを雇う余裕は当初無かったので、私がグラフィックパーツを作り、堀江君がHTMLをコーディングしました。日本ではWeb専業の制作会社はまだ無かったし、紙媒体やテレビ向けの制作会社はインターネットの特性を分かっていなかったので、数名のチームにもかかわらず大企業からの仕事が入るようになりました。
アップル社の開発者向けネットワーク「AppleLink」と「eWorld」の運用を請け負っていたのもこの頃ですし、歌舞伎役者市村萬次郎さんと出会ったのもこの時期です。
堀江君がインターネットの可能性/将来性を見抜いていたのに対し、わたしは1990年代中頃のウェブページでの表現の限界が大いに不満でした。VRMLとかリッチメディアという言葉が頭を離れなくなり、ほどなくウェブチームを離れます。

「フェロー」という仕事

外苑前/佐世保 1996-1997

リッチメディアにはお金がかかります。SGIのワークステーションにインストールしたSide Effectsの3DCGツール「Prisms」を必死で勉強しましたが、中々リッチメディア市場が成長しません。インターネット自体もまだモデムを使ったダイアルアップ接続が主流だったので、今考えれば無理もありません。
通信放送機構(TAO)の仕事をいただいたのはそんな時でした。ハウステンボスに隣接する佐世保リーサーチセンターで動画配信の研究を行うプロジェクトで、わたしの身分はコンテンツ系の「フェロー」という大げさなものでした(笑)。月イチで佐世保に日帰り出張し、会議に参加しました。
TAOでの研究が終了した後に、ハウステンボスさんからコンサルティングの仕事をいただき、ウェブサイト構築のお手伝いをしました。当時のチームのみんなは今でも大切な友人です。また、大晦日にハウステンボスで行われるカウントダウンショーにわたしの作った映像を二度使っていただきました。特にカウントダウンショーを世界に生中継した最初の時は、自分の作った映像がたった今、世界中に流れているのか!と興奮したことを覚えています。ちなみにこの時の映像はLightWave 3Dで作ったフライスルームービーで、大晦日直前まで作業して2400枚ほどの静止画を連番レンダリングし、ハウステンボスのAdid Media Composerで繋げて音楽と合わせました。

ワイドなプロジェクト

渋谷/用賀 1997-2010

時代が近くなると書けることが少なくなります。
もう25年も続いている「WIDEプロジェクト」というプロジェクトがあります。日本のインターネットの父、村井純氏を中心に産官学の研究者が活動するプロジェクトで、その活動の成果は私たちの生活のいたる所にかいま見ることができます。1990年代後半から2010年までは、このプロジェクトとプロジェクト周辺の仕事をしていました。研究者への取材や広報的な映像制作のほか、仕事内容は多岐にわたりました。
WIDEプロジェクトと直接関係ない仕事としては、Webサイトのアクセシビリティやユーザビリティのテストがあります。自身の経験を元にしたヒューリスティック調査の他に、ECサイトでのユーザーの行動を動画で記録し分析する手法を作り上げました。検証サービスと改善提案は2015年では全く驚かれませんが、2003年ごろはクライアントにとって大変インパクトがあったようです。

原点に戻る

秋葉原 2011-2015

2011年3月11日の少し前から、秋葉原の商社系の会社のお手伝いをしています。あの日この会社が入居していた最先端の免震ビルは揺れに揺れて、しばらくのあいだ船酔いのような症状で苦しみました。
今はアップル社とアドビ社の製品を学生さんに販売するための各種販促ツールを作る毎日です。DTPを始めた20数年前に戻ったような日々ですが、目が弱ってしまって夕方には細かい作業ができなくなります(笑)
そろそろまた新しいことを始めないとね。

スキル

神谷が使う代表的な制作ツールのスキルは大体こんな感じ。新しいソフトウェアを修得するスピードは、我ながらかなり早いと自負しています。

  • Keynote
  • Illustrator
  • Photoshop
  • Final Cut Pro
  • Dreamweaver

つぶやき

  • 1996年に、SoftimageではなくSide EffectsのPRISMSでSOPsを学んだことが、その後の3D CGとは全く関係のない仕事にも多大な影響を与えたと感じている。SOPsってのは、いわゆる日本型ものづくりとは対極にあったんだと思う。

    March 5, 2014 - Twitterにて
  • 冬の朝のiPadは冷たい。

    February 14, 2015 - Twitterにて